ふるさと納税

地域の特産物がもらえてお得ので、実に話題となった「ふるさと納税」。
節税対策にとふるさと納税をする人も多いようです。
個人で納税先を買えるという画期的なシステムで、各自治体はたくさん納税してもらおうと特産品などでアピールしていらっしゃる。
お礼ももらえて節税もできてお得です。
個人の自費額は実質2,000円で節税できて特産品もいける。
個人で複数の自治体へ納税やる人もたくさんいます。
ふるさと納税では、10000円残る地域へ寄付したら税金が8,000円安くなって、どんどん特産品がいける。
10万円寄付したとしたら税金が98,000円安くなって、もう一度特産品がもらえるという仕組みになっています。

ふるさと納税をするメリット。
・自分の住所ではなく好きな自治体を選んで寄付とれること。
・被災地などへ寄付して復興支援することももらえる。
・特産品を送ってもらえる。
・納税金額は個人で決められこと。
・寄付用途を買える場合もある。
・複数の自治体へ寄付することももらえる。

中には高校の授業料を安くなるケースもあります。
高校授業料の無償化には住民税が関係しています。
ふるさと納税することで住民税が安くなって就学支援金がなるというわけです。
寄付の用途を買えるのもいいと思います。
何に使ってほしいのか指定とれる結果、その地域を支援しているという具体的なイメージが掴み易いと思います。

ふるさと納税では自費が2,000円かかります。
2,000円超えた分は寄付控除陥る仕組みになっています。
つまり2,000円で特産品を買い求めるような感じです。
各自治体が競っているため、2,000円以上の価値があるような特産品がたくさんあって、しかも産直で行きつくため人気となっていらっしゃる。

ふるさと納税をするデメリット。
・手続きの手間がかかる。
・控除は後からなので先にお金が行く。
・所得が低い人は控除されないため損をする。
・控除金額には上限があること。

ふるさと納税は税金からの控除ですから、税金を支払っていない人には控除自体ないため損をします。おいしいコラーゲンドリンクを楽天やAmazonより最安値で買う