アラームが鳴っても、起きれない時はどうしたらいいの?

朝、目覚ましが鳴っているのに、それに気付かずに眠ってしまっているはありませんか?普通は、目覚ましが鳴っていたら、しっかり起きれるものです。
それが出来ないのは、かなりの睡眠不足か、不規則な生活により体内時計が乱れているからかもしれません。

目覚ましをどのように使えばいいのでしょうか。
まるで、置き場所ですが、手元に置くのは良くないかもしれません。
無意識に止めてしまう事もあるからです。
それで、ベッドから起きて、ちょっぴり歩かないと止められない場所に置いてみましょう。
2,3歩いているうちに少しは目が覚めて来る。

睡眠はノンレム睡眠(体も脳も休んでいる状態)とレム睡眠(脳が起きている状態)の2種類あって、こういう2つが、一晩の間に5,6回繰り返されます。
夜明けに近づくにつれて、レム睡眠が多くなって来るが、そのレム睡眠の時に、目覚ましが鳴り渡るようにセットしておきます。
ただ、レム睡眠に方向づけるってどうしたらいいのか、と思いますよね。
タブレットのアプリを利用しましょう。
レム睡眠を感知して、その時間に起こして受け取るアプリだ。
是非、使ってみましょう。

現在は、目覚ましと言っても、あらゆる種類のものが出ています。
自分に当てはまる目覚ましを選ぶのも、有難い目覚めの助けになるかもしれません。

「光目覚まし インティ・フォー」これは太陽と同じ明るさの光を発して、目を覚ましてくれる目覚ましだ。
設定時間の30分前から段々と明るくなり、起きる時間に明るさがマックスになって起こしていただける。
太陽とともに起きるのが理想ですから、すっきりとした目覚めを感じるかもしれません。

「ビッグタイム BIG−T 振動式目覚まし」付属のベッドシェーカーを枕の下に置いて寝ます。
そうすると、起床時間にアラーム音とともに、枕の下のベッドシェーカーが振動するので、絶対に寝過ごすことはありません。

「スーパーボム!」これは大音量と強力振動で起こして受け取る目覚ましだ。
これならどんな人でも起きるはずです。
10段階の大音量と激しい振動を起こすベッドシェーカーが付いています。
スヌーズ機能も付いているので、好みの時間間隔で、アラームを響かすことが出来ますよ。引用