効果を持続させる方法

一般的なホワイトニングでは、過酸化水素水などを活かし歯の色素を漂白して白くしています。
しかしそれは時間の経過とともに色帰り決める。
ようやっと安いとはあんまり言えない料金を支払って行ったホワイトニングなのに、一気に効果がなくなってしまっては辛すぎます。
そこで多少なりとも長くホワイトニングの効果を持続して白い歯を維持できる方法を紹介したいと思います。
効果の持続時間が長くなればなるほど、ホワイトニング1回あたりの料金も少ないためお得です。

歯が着色してしまう原因には延々とありますが、一番は食品による着色が大きいです。
ケバイ食品、着色しやすい食品は遠ざけなければいけません。
ホワイトニングをするため歯の表面のない膜をはがしてしまうため、歯のエナメル質がむきだしとなって着色しやすくなるのです。
ない膜は12時間〜常時かけて再生します。
そのためこういう時間は色が深い食品、ポリフェノールが入っているものなどを遠退けるようにしましょう。
つまりホームホワイトニングをしている人の場合には、毎日ホワイトニングをすることになるため、毎日これらの食品を遠退ける必要があります。
例えばコーヒー、赤ワイン、紅茶、ウーロン茶、カレー、チョコレート、色が深い野菜などがあります。
他にも柑橘系の食品や飲料、炭酸飲料、酢などが入ったものも避けましょう。
タバコのヤニも着色しやすいため避けましょう。

もう一門白いを持続させるために近道が、「トリートメント剤」、「コーティング剤」を使って歯を続けることです。
歯磨きをした後、歯に塗って数分放置した後に甘く注ぐだけという簡単に払える歯磨き粉タイプのものが売っています。
これらを使用すると、ホワイトニングによる痛みなども軽減できるためおすすめです。

短期間で歯を白くするためには、プロによるオフィスホワイトニングがおすすめです。
しかし効果が長く貫くのはホームホワイトニングだ。
しげしげと時間と手間をかけて自宅でホワイトニングを続けていけるタイプの人は、ホームホワイトニングがおすすめです。
より高い効果を得られるのは、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングの両方をするデュアルホワイトニングだ。
プロの力でごっそり白い歯としてもらい、その後、自宅でも続けていくことによって、永く白い歯でいられます。http://xn--w8j8crhlbnc8nya5lzfmc9bdb9865tybubj5m.xyz/