危険玩具

偽物のおもちゃですことだけが、中国製品の問題ではありません。
中国のおもちゃは、「危険玩具」として、世界から商品の雰囲気を訴えられています。

ヨーロッパでは、中国のおもちゃの雰囲気について訴えています。
人体に有害な素材を通じて作られている劣悪な中国製品に関して監督を強化すると発表したこともありました。
製品の品質チェックなどがずさんな中国、ヨーロッパでは中国のおもちゃは不合格玩具で危険商品として扱っています。
ヨーロッパではたくさんの中国製のおもちゃが販売されています。
しかし欧州委員会がチェックしたところ、中国製のおもちゃはその半分以上が偽物商品であり、危険商品であることがわかっています。
子供が手にするもの、つまらない子供の場合には口にも入れるもの、毒物が検出浴びるのは気が気ではありません。
深刻な中国製品の品質の悪さに対して、ヨーロッパでは、国内のユーザーへ、おもちゃを貰うときにEUの基準合格マークがついているものを買うように注意を促しました。

中国のおもちゃに対しての安全基準の低さは、中国国内でも問題になりました。
外国の安全基準に比べて、中国のものはどうしても低すぎて、子供たちの周りには危険玩具があふれています。
おもちゃの箱を開けたら、中のおもちゃの臭いが結構気になったとか、中国のおもちゃも品質基準の痛い輸出向けに作られたおもちゃだけを選んで買うようにしているとか、中国国内でもおもちゃの安全性に対して気にする親が増えています。

中国のおもちゃ業界の製品の安全性確認検査では、おもちゃの物理的な性能をチェックしたり、燃焼性や化学性能をチェックしたり、表示項目や使用説明の有無があるかみたり講じるだけです。
人体に有害な化学物質や重金属などのチェックは行われていません。
その結果海外では禁止となっている有害な化学物質のあるおもちゃが、中国の国内にはあふれていらっしゃる。

低コストな中国の会社を下請けとして利用している企業は世界中にあります。
そのため中国で作られたおもちゃだけではなく、他の国で作られたものでも下請けに中国の会社においているとその部品、製品の雰囲気が危ぶまれるのです。
しかし下請けの下請け、もう一度その下請けまで完全にチェックすることはできないと、大規模な製品リコールに追い込まれたアメリカの大手おもちゃメーカーが嘆いていました。www.kleindier-tt.nl