暑中見舞いの贈り物

暑中見舞いは、暑中に知人などへ安否を問いかけるために家を訪問したり、手紙を表すことをいいます。また、その手紙や贈り物そのものを指し示すこともあります。
本来は、1年で最も暑い時期に相手の健康を気遣うという慣習からきていて、そのため暑中見舞いをするべきと言われる時期も、七夕をすぎたころや7月の中頃、素早くでは梅雨が明けたらとしてあり、相手の地域にとってとにかく暑い時期にするのがベストだということが言えそうです。

同じ時期にするもので、お中元、暑中見舞い、残暑見舞いがありますが、これらの違いはというと、お中元は7月の初旬から中旬にかけて、つまり、旧暦のお盆の行事として行われている。暑中見舞いはというと、大暑から立秋までの期間に得るのが習わしとなっています。そして、残暑見舞いは立秋以降に得るのが習慣なので、これら3つの違いは、そのまま時期が違うだけと言えそうです。
お中元に贈り物を贈るはよく耳にしますが、時期だけの違いから、どうも暑中見舞いとして贈り物を通じても全く問題は無いように思われます。ただし、お中元、暑中見舞い、残暑見舞いと同じ相手に3回も贈り物をする必要はなく、夏の時期の挨拶として1度は贈り物をし、あとは挨拶状を書くだけに留めておいたほうがよいでしょう。

また、暑中見舞いの贈り物の相場としては、たいてい3,000円から5,000円くらいが多いようで、仕事上の上司であったり目上の方に授ける場合は5,000円くらいの品物も良いかも知れません。受け取ったほうが逆に恐縮してしまうような高価ものはかえって失礼になるので避けた方が良いでしょう。

暑中見舞いと残暑見舞いは、いまや夏の贈り物としてお中元で各種ギフトをもらっているほうが読み取ることも考え、それらのギフトとの重複を避けたい意味でも、近年では、お宝が選べたり・貰えたりやるカタログギフトや商品券、ギフトカードを贈られるほうが増えてきています。
また、暑中見舞いはがんらい、暑い時期に相手を気遣う習慣から生まれてあることから、夏らしく涼を聞こえる贈り物です清涼飲料水やフルーツ、ゼリー、ビールなど、みずみずしいものが好まれる傾向があります。おすすめ