自宅ホワイトニング商品のタイプについて

むしろクリニックやサロンでのホワイトニングは価格もおっきいので、自宅でホワイトニング商品を使用して、ちゃんとホワイトニングを通じていこうと考えている人も多いのではないでしょうか。
例えばいつも用いる一般の歯磨き粉を、ホワイトニング効果の高いものに取り換える程度なら気軽にできます。
しかしホワイトニングに特化した歯磨き粉の中には、黄ばみや汚れを自然に浮き上がらせる成分ではなく、じっと歯の表面を擦って汚れを落とすタイプものも数多く出回っていらっしゃる。
研磨力のおっきいホワイトニング歯磨き粉は、確かに歯の表面の汚れをこそげ食するので、磨いたときは白くなったような気がします。
しかし汚れを取ると共々表面のエナメル質まで擦ってしまい凸凹としてしまうため、更に黄ばみや汚れ成分がかなり頑固な汚れになってしまうため、本来のホワイトニングはできません。
そして毎日使っていくうちに歯がしみ易くなったり、歯肉炎などの原因にもなります。
そこで研磨剤として使われる成を分チェックすることも大切です。
まず研磨として使用される成分として、一番手ごわい「リン酸カルシウム」、次に手ごわい「水酸化カルシウム」、3番目に手強い「フッ化カルシウム」、4番目に手ごわい「炭酸カルシウム」、5番目に手強い「水酸化アルミニウム」があります。
そして成分表示は多いものから先に書かれているという決まりがあるので、商品の成分表を見て、これらが上位になっていないかを確かめましょう。
そして、歯の表面を傷つけずに汚れを浮き上がらせる「ポリリン酸ナトリウム」、歯周病予防の「グリチル酸ジカリウムでシュ」、歯を白く講じる「メタリン酸ナトリウム」、汚れを必ず売る「ポリリン酸」や「ピロリン酸」など配合のものを選ぶようにください。
また歯の黄ばみや汚れを傷つけずに作る成分の他に、歯の表面を滑らかにして汚れが付きにくく講じる「ハイドロキシアバタイト」や、歯の石灰化を促進させ丈夫な歯をつくるためのサポートをする「フッ素」などの配合もおすすめです。
また価格についても、一般の歯磨き粉よりは高めと言えるでしょう。
しかしめったに厳しいものは、毎日続けなければならないため、続きがたくなります。
何しろいかに嬉しい製品でも積み重ねる結果効果が実感できるものなので、続けにくい価格のものは控えるようにしましょう。http://morvand.org/